chara.png
名前前.png
名前前.png
名前前.png
名前前.png
名前前.png
名前前.png
名前前.png

デフォルト名:立木花恋(タチキカレン)※名前変更可


幼い頃に父親が殺人犯となり、以降どこにいっても苛めの対象にされてきた。
就職活動もうまくいかず、将来にやや絶望している。

幼いころから虐められてきたせいか、表情を忘れたような無表情がデフォルト。
感情的になることはあまりなく、物事を俯瞰的に見る癖がある。
そのため、突然の異世界トリップにも、わりと早く順応した。

 

人形のように美しいが、無表情のせいで冷たい人間と思われがち。
しかし本人も気がついていないが、根はかなりのお人好しであり、

人の苦労まで背負ってしまう面がある。
 

花恋.jpg
ヒロイン.png
ライン.png
ウィリアム.png
ウィル立絵.png
ウィル立絵2.png

現国王の弟であり、第一魔術師団の団長を務める。
かつては王位継承権を持っていたが、この世界では「忌むべき魔術」とされる『死霊使い』の才能を持っており、そのせいで兄王に迷惑をかけるのが嫌で、継承権を放棄している。

(この世界の死霊使いとは、天界より召喚した魂を亡骸に入れて操ることができる者たち)

死霊使い自体が「十万人に一人生まれるかどうか」と言われる稀有な存在だが、ウィリアムの能力は歴史上から見ても異常なほど高い。

ゆえに戦場で死者が増えれば増えるほど強くなる。

柔らかい雰囲気と物腰だが、部下たちをしごく方法はかなりドS。
人心を繰ることにも長けており、彼の部下は、無意識に努力せざるをえない精神状態になる。

基本的には優しいが、副団長のレオいわく、彼の逆鱗にふれると「面倒な怒り方をする」らしい。

ライン.png
レオ.png
レオ立絵.png
レオ立絵2.png

サンプルボイス

団長のウィリアムとは、魔術師養成所時代からの同期。
面倒見がよく、みんなの兄的存在。
その性格の良さのせいで、ウィリアムからはよく厄介事を押しつけられてきた。

神より賜った魔術の才は、骨をも焼きつくすほどの劫火。
昔彼の実家が炎に包まれた際、命の危機に瀕して、才能が発露した。

火事では家族全員が亡くなっており、彼だけが唯一の生存者。

戦場では団長の補佐、および戦後の特殊な後処理を任されている。

ライン.png
トーマス.png
トーマス立絵.png
トーマス立絵2.png

サンプルボイス

(ver.1.1にてルート追加)

第一魔術師団団員。光魔法と氷魔法の優れた使い手。

特に光魔法の一つである回復魔法では、国内一の実力を有している。

自由奔放に見えるが『五大公爵家』と呼ばれる有力貴族の末弟ゆえに、

しがらみを感じることもある。

神の加護を有難く思っているが、あることが原因で神の判断を信じてはいない。

恋愛面では「みんなのトーマス」を自称するほど気軽な交流を好んでいたが、

ヒロインの魔術の才能に憧れ、一途な恋心を抱くようになる。

思いきったら一直線で、ヒロインと結婚するのは自分だと信じて疑わない。

ライン.png
アメリア.png

ある出来事でヒロインの初めての親友となる。
エリートとされる第一魔術師団の団員だが、

それを笠にきない竹を割ったような性格。
姉御肌なところもあり、ヒロインのことを何かとサポートしてくれる。

​※エンド有りキャラクター

アメリア立絵.png
アメリア立絵2.png

サンプルボイス NEW

ライン.png
エドワード.png
エドワード.jpg

プレートラント王国の国王。ウィリアムの異母兄。

昔、エドワードの失脚を狙う者が「彼は死霊使いの悪魔に繰られている死人だ」と囁き、王位を奪われそうになった。

そのため、ウィリアムはエドワードに負い目があるが、

彼自身はなんとも思っていない。

むしろウィリアムを非常に(本人いわく)可愛がっており、

わざわざ時間を作って会いにくるほど大切に思っている。

​最近の悩みは、ウィリアムがなかなか結婚しないこと。

サンプルボイス

ライン.png
オリヴァー.png
オリヴァー.jpg

第一魔術師団団員。

(レオルートに登場)

​地の精霊の魔術の中でも、特に防御系魔法を得意とする。

​仲間思いで情に厚い。

​実はアメリアが好きだが言い出せずにいる。

サンプルボイス

サンプルボイス